アダラートの特徴や種類について説明する人

アダラートは血管にある平滑筋の収縮と拡張に関わるカルシウムイオンと結合し、その出入り口のカルシウムイオンチャネルが細胞内に入るのを邪魔して血管の収縮を抑えて血圧を下げる仕組みです。こちらではアダラートの特徴や種類などについて解説します。

アダラートにもいくつか種類があります

高血圧になると血管にストレスがかかり、血管がぼろぼろになり、脳卒中中や心筋梗塞など合併症が起きてしまいます。そこで、この高血圧や心筋梗塞や脳卒中を治療する薬としてアダラートが開発されました。カルシウムは、骨の成分として有名で、身体の仲のカルシウムの99%は骨にありますが、残りの1%のカルシウムは、脳の記憶や運動機能の調節に使われています。血管の収縮にもカルシウムが関係しており、血管にはカルシウムが入ってくるための受容体があり、カルシウムが入ってくると血管は縮まります。血管が収縮すると、血圧が高くなり、高血圧の症状が悪くなったり、血液の流れが悪くなり、損金梗塞の可能性が高くなったりします。そこで、カルシウムが流れ込む受容体を阻害すると、血管収縮が抑えられ、血管が拡張されます。そこで、血圧が下がり、血液の流れが良くなります。このような働き方をする薬をカルシウム拮抗薬と呼び、アダラートはカルシウム拮抗薬です。アダラートは、脳や心臓や腎臓のなど全身の血管を拡張させます。その中でも心臓に栄養を送る血管に対して効果があります。ただ、アダラートを飲むと急激に血液中の濃度が上がり、血管が拡張して顔面紅潮や頭痛が起きる場合がありました。薬の有効成分をゆっくりと放出させ、1日2回の服用でよく副作用を減らす薬アダラートLが開発されました。さらにここから副作用をもっと減らし、血圧降下作用を緩やかにし、1日1回飲めば良いように改良されたのがアダラートCRです。この薬によって、24時間、薬の効果を持続させることができるようになりました。このように何度も薬を改良して副作用を減らし、より使いやすい薬を開発してきたのがアダラートなのです。

■高血圧治療薬はアダラートだけではありませんよ!
コバシルは血圧の低下に効果的
■血圧上昇を抑制する成分が配合されている治療薬で高血圧を脱却しましょう!
テルミサルタン