アダラートの特徴や種類について説明する人

アダラートは血管にある平滑筋の収縮と拡張に関わるカルシウムイオンと結合し、その出入り口のカルシウムイオンチャネルが細胞内に入るのを邪魔して血管の収縮を抑えて血圧を下げる仕組みです。こちらではアダラートの特徴や種類などについて解説します。

アダラートを服用中は外食に注意する必要があるのか

アダラートは、カルシウム拮抗剤と呼ばれる薬剤の一種であり、カルシウムの作用を抑える作用があって、狭心症や心筋梗塞の治療薬として用いられています。このアダラートを服用中には、外食に注意する必要があります。なぜかというと、副作用を発症する恐れがあるためです。
アダラートは、他の薬品と併用すると副作用を発症することがありますが、同様にグレープフルーツによっても発症することがあります。グレープフルーツは、自宅で食事する際には、購入しておかなければ食べたりあるいはジュースにして飲む可能性も低いのですが、外食の際には、ミックスジュースなどに含まれることがあります。しかも、外食店でミックスジュースを注文した際、その内訳が説明されることは稀です。従って、知らずにグレープフルーツを摂取してしまい、副作用を発症する恐れがあります。
アダラートに限らず、薬品の副作用は、なぜ回避する必要があるのかというと、それは薬品本来に期待される効能以外の症状が発症するためです。なぜそれがよくないかというと、多くの場合、期待される以外の症状の中でも副作用に分類される症状は、体にとって良くないことが多いからです。
アダラートの場合、過剰反応として発疹やめまいを発症したり、血圧が低下しすぎることもあります。また、ひどい場合には、肝機能に障害を与えることもあります。従って、アダラートを服用中の場合には、その副作用を発症するするような行為は避けるべきなのです。そのためには、他に服用している薬について、お薬手帳などを用いて医師や薬剤師に相談し、投与する量を決めてもらう必要がある一方、食物についても自己管理しなければなりません。即ち、グレープフルーツの摂取を避けるために、外食に注意する必要があります。