アダラートの特徴や種類について説明する人

アダラートは血管にある平滑筋の収縮と拡張に関わるカルシウムイオンと結合し、その出入り口のカルシウムイオンチャネルが細胞内に入るのを邪魔して血管の収縮を抑えて血圧を下げる仕組みです。こちらではアダラートの特徴や種類などについて解説します。

妊娠中のアダラート服用について

妊娠するとお腹の赤ちゃんへの影響を考えて、薬の服用は禁忌とされることが多くなります。高血圧の治療にアダラートを服用している人が妊娠した場合、そのまま服用を続けても大丈夫なのでしょうか。アダラートは妊娠20週目未満の妊婦さんと妊娠している可能性のある人の服用は禁忌とされています。動物実験によって胎児への毒性や催奇形性が確認されているためです。他の妊娠中に服用が禁止されている薬に比べて特別危険性が高いわけではないと言われています。もともと高血圧だった女性が妊娠した場合には母体だけではなく赤ちゃんにも大きな影響を与える重症な妊娠高血圧症候群、赤ちゃんの発育不良、常位胎盤早期剥離が起こる可能性もあるため、妊娠20週未満の人の場合にはアダラート以外の降圧剤が処方されることがあります。しかし他の降圧剤では効果がないような場合にはそのまま高血圧を放置しておくことの方が危険性の方が高いと医師が判断した場合に限ってそのまま継続してアダラートが処方されることがあります。妊婦さんへの投与の場合には過度の血圧低下があったという報告もあるため、注意が必要となります。妊娠20週を過ぎると、アダラートは早産防止薬として使われることもあります。アダラートをはじめとするカルシウム拮抗薬は血管を拡張する働きがあるため、その働きを利用して子宮の筋肉が収縮して早産になってしまうのを防ぐために処方されることもあります。早産防止として使用された人たちを調査したところ、安全性に関しては問題なかったと言われています。妊娠中は身体の変化などもあり、ストレスがたまりがちになってしまいますが、安静にして、血圧が上がらないようにする工夫も必要です。